オーストラリア英語の特徴!スラング対策やリスニングの4コツを紹介

リスニングがにがてと感じている方も、多いのではないでしょうか?

日本語にを方言があるように、英語にも方言(スラング)というものがあります。

イギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語・・国によって言い方や発音がちがい、リスニング力を鍛えるうえで必ずとなります。

この記事では、オーストラリア英語=Aussie Englishをメインにそのの特徴とスラング対策について解説をしていきます。

この記事を読むことで、すこしでもリスニングのコツをつかんで頂けたらうれしいです。

リスニングがむずかしいオージーイングリッシュの特徴!

’英語’のなかでもAussie Englishはリスニングが最もむずかしいといわれています。
「早口だし」「訛ってるし」・・なので自然とリスニングがむずかしくなるのでしょう。

しかし、オーストラリアは留学やワーキングホリデーをするのに人気の国です。この記事を読んでくださる人はオーストラリアに留学することやワーキングホリデーに興味のある方だとおもいます。これを機会にAussie Englishについて勉強してみましょう。

そもそもAussie Englishの特徴とはなんでしょうか?イギリス英語やアメリカ英語と何がちがうのでしょうか?

その大きな特徴の1つは、「指小辞」(ししょうじ)に似たような表現が多いといところでしょう。
「指小辞」とは愛情・愛着・親近感などのニュアンスを込めるという用法のことです。

たとえば、

Australian = Aussie  オーストラリア人
Hello! =G’day mate! やぁ、元気かい!

のような感じですね。

つまり、オーストラリアの人々は愛情・愛着をこめて自分たちのことをAussieと表現してみたり、G’day mate! のような表現を使っているのでしょう。

オーストラリアでよく使われるスラング一覧

ここでは、オーストラリアでよく使われるスラングを一覧にして紹介していきます。
学習の参考にされてください。

あいさつ・返事
スラング 発音 意味
hiya ハイヤ! こんにちは
G’day mate グッダイマイト! 元気ですか?
Ta! タァ! ありがとう
How’s it going? ハウイズゴーイング? 調子はどう?
Yep/Nup ヤップ/ナップ はい/いいえ
No worries. ノーウォーリーズ 大丈夫
Good on ya! グッドオンヤー! いいね!よかったね!
Cya this arvo! シーヤディスアルヴォ! また、午後にあいましょう!
Tara! タラ! じぁね。
日常生活でつかうスラング
スラング 発音 意味
Aussie オージー オーストラリア人
Straya ストラーヤ オーストラリア
Barbie バービー バーベキュウー
Maccas マッカーズ マクドナルド
Breakie ブレイキー 朝食
Tea ティー 夕食
Cuppa カッパー お茶
Veggies ベジーズ 野菜
Arvo アルボー 午後
Chrissie クリッシー クリスマス
Fotty フッティー フットボール
Servo サルヴォー ガソリンスタンド
Heaps ヒープス たくさんの
Roo/Joey ルー/ジョーイ カンガルー
Mozzie モジー
Sunnies サニーズ サングラス
Thongs ソングス サンダル

スラング対策の1つとして言葉をノートまとめると覚えやすくなります。
ここはすべてのスラングをまとめているわけではないので、新しいスラングをみつけたら随時ノートにまとめていきましょう!

↓↓↓オージー英語とアメリカ英語のちがいについてわかりやす動画ありましたので、参考にされてください。「AU vs USA」

リスニング対策、4つのコツ!

リスニング対策、4つコツを紹介していきます。
まずスラングを覚える前に基本的なリスニングのコツを学ぶ必要があります。

↓↓↓リスニング力UPに!おすすめコーチング英会話サービス!!
英語留学のその前に、理論から始める【PROGRIT(プログリット)】

母音を理解しよう

英語の母音には、単母音重母音があります。単母音はさらに、短母音長母音にわかれます。重母音は2重母音3重母音にわかれます。
母音の種類をまとめてみました。

母音 単母音 短母音  「ʌ」「ə」「ɪ」「ʊ」
長母音  「a」「i」「e」「ɔ」「æ」「ɚ」
重母音 2重母音 「aʊ」「ɪʊ」「oʊ」「aɪ」「eɪ」「ɔɪ」「a:r」「ɪɚ」「ʊɚ」「eɚ」「ɔ:r」
3重母音 「aɪɚ」「aʊɚ」
短母音 発音記号 単語(例)
「ʌ」   but  sun  lunch cut
「ə」   America   about   again   banana
「ɪ」   if  ill  is  it  big  dish  in
「ʊ」   book  foot  look  should  cook

 

長母音 発音記号 単語(例)
「a」   boss  cop  fog  God  hot  job  top  got
「i」   each cheap  bee deal  heat  meal  teeth
「e」   egg  bed  hell neck  red  pen  ten
「ɔ」   chalk  dawn  all  mall  wrong  walk  gone
「æ」   add  apple  back  bag  jazz  sad  math
「ɚ」   mother  other  slower  power  shower
2重母音 発音記号 単語(例)
「aʊ」  wow  bow  house  mouse  now
「ɪʊ」  cute  news  mute  value  stupid
「oʊ」  low  woe  over  dome  nose
「aɪ」  lie  why  times  sky
「eɪ」  stage  danger  play  naming
「ɔɪ」  avoid  boy  employ  destroy
「a:r」  are  card  start  sharp  park
「ɪɚ」  ear  beer  we’re  deer  rear  year
「ʊɚ」  your  poor  sure  cure
「eɚ」  air  hair  bear  their  share
「ɔ:r」  more  store  bore  door  four
3重母音 発音記号 単語(例)
「aɪɚ」  enquire
「aʊɚ」  hours  devour

’母音’をしっかり理解していればリスニング力はあがりやすくなります。「ア」の発音ひとつにしても、短めの「ア」、ちょっと長めの「ア」だったり、「エ」の発音にちかい「ア」だったりいろいろあります。母音をしっかり理解してきちんと聞き分けられるようになりましょう。

聞き取るのが難しい発音

発音 舌の使い方
「r」 舌の先は口内のどこにもつかない。舌をまく。
「l」 舌の先を歯の裏につける。

あわせて読みたい記事 → みんな苦手な英語のLとRの違い、どうしたら発音できるの?練習方法は?

発音 舌の使い方
「ph」 上の前歯を下唇において発音する。
「gh」
「f」
発音 舌の使い方
「b」 唇を重ねて日本語のバビブベボにちかい発音をする。
「v」 上の前歯を下唇にあてて発音する。

あわせて読みたい記事 → BとVの発音って何が違うの?どうしたら発音し分けれるの?解説します!

発音 舌の使い方
「s」 「she」 と「sea」などの「s」や「c」が関連する発音ではとても苦戦しがちです。「s」や「c」についてわかりやすい動画をみつけてきましたので、参考にされてください。
「c」
発音 舌の使い方
「th= θ 」 発音は「ス」。舌の先を軽く、上の歯と下の歯でかみ息をはくように発音する。
「th=ð」 発音は「ザ」。 舌の使い方は θと同じ。θの発音が濁音となる。

リンキングとは?

英語の発音にはリンキング現象というものがあります。

リンキング現象とは、文章中で特定の単語の末尾の音と直後の単語の先頭の音が連結して違う発音になる現象です。

たとえば、有名なところでは、

gotta =  get to 「ガタァ」

gonna =  be going to 「ガナァ」

wanna = want to 「ワナ」

などがあります。
文章をつくってみると、

I’m going to go to Australia to study English.

AussieEnglsihにすると、

→ I gonna go to Straya to study English.

のようになります。

リンキング現象を学ぶのに最もいい方法は「映画」をみることです。リスニング力を鍛えるのに最適な方法だとおもいます。
リンキング現象に対応できるようになりましょう。

リスニングおすすめ教材!!

スペリングを徹底しよう。

リスニング力を鍛えるにはスペリングも効果できです。出てきたスラングをノートにまとめていきましょう。

たとえば「Australian = Aussie=オーストラリアの」のようにノートに書き留めていきます。また、会話の中ででてきたリンキング現象もノートに書き留めていきましょう。

英語学習はコツコツ積み重ねることが大切です!

まとめ

母音を理解しましょう。
口の動きを理解して聞き取りにくいにくい、発音をしっかりと聞き分けられるようになりましょう。
リンキング現象になれしょう。リンキング現象は発音が連結して聞こえる現象です。
スペリングを徹底しましょう。スラングをノートにまとめていきましょう。

リスニング力を鍛えるにはいろいろな方法があります。映画を吹き替えではなく字幕なしでみる、ラジオを聞く、いまではYouTubeで海外YouTuberのチャンネルをみるなどなど・・・。リスニングは英語学習をする中で必ず乗り越えなくてはいけない壁です。

しかし、リスニングはやれば、やるほど伸びていきます。
工夫をしながら、リスニング力を伸ばしていきましょう!

聞く力話す力は比例しています。聞き取れないと会話ができません。
英語が聞き取れるようになるととても楽しいはずです!

すこしでも、みなさまの英語学習が充実するように、応援しております。最後までご愛読くださいりありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です