トライズが利用するversantはどんなテスト?スコアや受験方法を確認!

コーチング英会話スクールであるトライズ(TORAIZ)では、受講者の英語力を測る方法としてversant(ヴァーサント)と呼ばれるテストを利用しています。

このversantとはいったいどのようなテストなのでしょうか?正直英語に関するテストと言えば英検やTOEIC、TOEFLくらいしか知らないという方も多いと思います。

なぜトライズではこのversantを利用するのか。それは他の英語のテストには無いメリットがあるからです。ここではそのversantの特徴についてみなさんと一緒に見ていきましょう。

versantとは?

versantとは仕事で使える実践的なスピーキング力を診断するテストです。ネイティブが自然なスピードで話す質問を聞きとり、それに対して英語で答えます。

リスニング能力とスピーキング能力の両方を測定。日常的に使用される口頭英語に回答できるコミュニケーション能力(自然さ、流暢さ、即時性)を測定します。

versantには3つの種類のテストがあります。

  • スピーキングテスト
  • ライティングテスト
  • プレイスメントテスト

ではそれぞれのテストの内容について確認してみましょう。

スピーキングテスト

versantの中でもメインのテストになります。このテストでは聞かれたことを理解し応答する力を見ていきます。ネイティブが話す質問に対して英語で回答したり、課題の発声を行なうことで診断します。問題の種類は6種類、出題数は全部で63問に及びます。

種類内容
音読 8問テスト用紙に記載されている文章を指示された順序で声を出して読み上げ、「流暢さ」「発音」を診断します。
復唱 16問音声で流れた文章を聞こえた通りに繰り返してもらい「文章構文」「流暢さ」「発音」を診断します。
質問 24問質問で使用された単語を使って回答することで「語彙」を診断します。
文の構築 10問3つの単語リストを聞き、その中の単語を使って文章を正しく作成し、答えます。「文章構文」「流暢さ」を診断します。
話しの要約 3問短い物語を聞き、30秒間で自分の意見を要約して「文章構文」「語彙」「流暢さ」「発音」を診断します。
自由回答 2問簡単な質問に対して自由に回答を行い、「文章構文」「語彙」「流暢さ」「発音」を診断します。
これら全6種類のテストを行い、スピーキングとリスニングの力を判断します。

ライティングテスト

versantではライティングのスキルを測るためのテストも用意されています。ライティングテストでは、パソコンの指示に従って英文をタイピングして回答します。こちらは5種類、全42問のテスト内容となっています。

種類内容
タイピング 1問表示された文章を60秒以内でタイプすることで、タイピングの「速度」と「正確さ」を診断します。
空欄補助 20問短文内の空欄に適当な単語を1つ入れてもらい「語彙」を診断します。
ディクテーション 16問読み上げられた文章を聞いた通りに正しく書き取ることで「文法」を診断します。
文章再構成 4問表示された文章を30秒間読み、内容を把握し、自分の言葉で文章を書き直すことで「文法」「読解力」を診断します。
Eメール記述 1問ある状況を説明する文章を読み、その状況に沿った提案や問題点などをEメール形式で書くことで「文法」「語彙」「文章構成」「言葉遣いと文体」「読解力」を診断します。
※テストのバージョンによって2問の場合もあります

スピーキングテストだけでなくライティングとリーディングの力も診断できるのはうれしいですね。

プレイスメントテスト

こちらのテストではなんとリスニング、スピーキング、ライティング、リーディングの4つの能力を測定します。どれだけ英語を使えるか、総合的な能力が診断できるのがこのプレイスメントテストです。

テストの種類は9種類で、問題数は3つのテストの中で最多の81問になります。

種類内容
音読 2問表示された文章を声に出して音読することで「発音」「流暢さ」「文章理解力」を診断します。
復唱 16問音声で流れた文章を聞こえた通りに繰り返すことで「発音」「流暢さ」「文章構文」を診断します。
文の構築 10問3つのフレーズを聞き、それらを並べ替え正しい文にして答えることで「発音」「流暢さ」「文章構文」を診断します。
会話 12問2人の会話を聞いた後に出される質問に答えることで「発音」「流暢さ」「リスニング力」を診断します。
タイピング 1問表示された文章を60秒以内で入力することで、タイピングの「速度」「正確さ」を診断します。
空欄補助 20問表示された短文内の空欄に適当と思われる単語を1つ入力することで「語彙」を診断します。
ディクテーション 16問聞こえた文章を25秒以内に入力することで「リスニング力」「言語処理能力」「ライティング力」を診断します。
文章再構築 3問表示された文章を30秒間読んで内容を把握し、次の90秒間で自分の言葉で文章を書き直すことで「リーディング力」「ライティング力」を診断します。
要約と意見 1問表示された文章を読み、文章の要約と著者の意見に対する自分の考えをそれぞれ書くことで「リーディング力」「ライティング力」を診断します。

さすが総合力を診断するだけあって様々な問題が用意されています。これなら自身の英語力が正確に測れそうですね。

このようにversantでは受験者のあらゆるニーズに対応できるようなテストの種類を用意してくれています。自分が今知りたい英語力に合わせて選ぶことができます。

versantの特徴

ここまでテストの種類について確認しましたが、ではversantはいったいどのような特徴があるのでしょう。ここではversantの特徴について見ていきます。

スマートフォンやパソコンから受験できる

テストというと、決められた日時に指定の受験会場に行って受験するというのが一般的です。しかしversantではスマートフォンやパソコンから受験するスタイルとなっています。場所を選ばずに受験することが可能です

24時間365日受講可能

またこのversantは24時間365日受験可能です。場所だけでなく時間も自分の生活リズムに合わせて受験できるので、忙しい方にとってはとても助かりますね。

受験時間が約20分

更にすごいのが受験時間が短時間なことです。versantの主要なテストであるスピーキングテストでは、63問で約20分の受験時間となっています。一例として、TOEICのテストは問題数200問、受験時間が2時間にも及びます。比べてみるといかに短時間かがわかります。

更に5分後には測定結果がわかります。これも比較すると、TOEICでは受験結果がわかるまで約1ヶ月かかります。結果がすぐに分かればその後の対策も早く行うことができますね。

すぐれた言語認識システムで判定

約20分で判定できるのはすごいですが、けれどもしっかりと判定できるのかという心配もあります。しかしそこはご安心を。そこは最新テクノロジーのおかげで正確な判定が可能となっています。

このversantのシステムを提供しているのがピアソンという会社です。このピアソン社はイギリス、ロンドンに本部を置くグローバル企業で、教育に最先端のテクノロジーを融合させた教育サービスを提供しています。

versantでは高度な自動言語認識システムと自動採点システムを採用しています。特に自動採点システムのメリットとして、採点者による偏見が入ることがなく公平に評価できることが挙げられます。これにより自身の英語力を正確に測ることができます。

なぜこのような認識・採点が可能なのか?全てを伝えるのは難しいですが、システムの特徴の一部について紹介します。

スピーキングテスト用にピアソンが開発した専用アプリケーションには音声認識技術が用いられております。
英語学習者の音声回答ファイルを使って適合化された高度な言語・音声モデル(英語学習者モデル)と、口語を正しく評価するために、ネイティブスピーカーモデルの両方構築することにより、音声認識システムを適合化しています。場合によっては正しい答えが1つだけではない場合もあります。ネイティブモデルは許容可能な回答の範囲を確立します。どちらのモデルも数千人のサンプルを使って構築されています。 英語学習者モデルの回答がネイティブモデルにどれほど近いか、あるいは同モデルとどれほど違うかを把握し、それを正確に採点できるようにしています。つまり、単に「正しい」か「正しくない」かの問題ではなく、ネイティブモデルで許容できる範囲とどれほど違うかという度合いを見ています。 さらに統計モデル技術と計算言語学を用いて採点エンジンを調整し、スピーキング力を正確かつ確実に評価できるようにしています

出典:versant公式ホームページ

多くのサンプルを基に正確な測定ができるシステムとなっています。最先端の技術のおかげでより簡単に、より正確に測定できるのは受験者として大きなメリットですね。

詳細な英語力がわかるスコアレポート

テストの結果からわかるのは点数だけではありません。強みや弱みなど、受験者の英語の傾向と対策を教えてくれます。それらはスコアレポートと呼ばれるシートにまとめられています。

下記はスコアレポートの一部になります。

出典:versant公式ホームページ

スコアレポートを確認することで自身の現状の英語力の詳しい内容が理解できます。また今後の学習対策のアドバイスもあるので、より的を絞った勉強が可能になります。

更にversantの結果から、TOEICやTOEFLなど他の英語テストにおいておよそ何点に相当するのかも教えてくれます。

versantのテストを受ければこれだけの情報量がわかる。それだけでも非常に価値があると感じますね。

スコアについて

スコアの内容についてもう少し詳しく見ていきましょう。

versantのスコアは20〜80点の間で評価されます。スコアは世界的な英語スキルの指標であるGSE(Global Scale of English)と相関があり、スコアごとに「英語でできること」が詳細に定義されています。点数ごとの英語能力の詳細については以下になります。

出典:versant公式ホームページ

英語でビジネスをするには、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)の「B1」(自立した言語使用者)に当たる47点以上が目安とされています。まずは47点が一つの大きな目標になりそうですね。

受験方法

スマートフォンとパソコンで受験しますが、テストの種類によって受験できるかどうかが変わります。以下が受験可能な環境一覧です。

スマホアプリウェブブラウザソフトウェア
インストール
スピーキングテスト
ライティングテスト
プレイスメントテスト

パソコンでの受験は、ウェブブラウザとソフトウェアをインストールする2種類の方法があります。ご自身のやりやすい方法を選択しましょう。

料金

テストの種類によって受験料も変わります。以下が受験料の一覧です。

種類料金(税別)
スピーキングテスト5,000円
ライティングテスト4,000円
プレイスメントテスト7,000円
スピーキングテスト&ライティングテスト
(セット価格)
8,000円

セットメニューもあります。より詳しく自分の英語力を知りたい方にはぴったりですね。

トライズでの活用

ではトライズではこのversantのテストをどのように活用しているのでしょうか?まず現状の英語力を測るために、入会時に受験します。また成長度合いを測るために毎月versantのテストを受験します。

このようにトライズでは、現状分析と成長を計測する指針の1つとして使用しています。

versantの活用や英語学習におけるポイントについては、トライズを運営している株式会社トライオン代表取締役の三木雄信氏が解説しています。

versantのメリットを理解し、トライズ受講者の英語力を伸ばすためにテストを最大限活用しているのが分かりますね。

無料カウンセリング

ここまでversantの特徴を見てきました。versantを活用し1年で英語が話せることを目指すコーチング英会話、トライズでぜひ「B1」を目指しませんか?

まずは無料カウンセリングの受講をおすすめします。無理な勧誘は一切なく、些細なことでも気兼ねなく相談することができます。ぜひこの機会に無料カウンセリングを受けてみましょう!

申し込みはこちらから↓↓↓
【全額返金保証】トライズなら1年で英語が身につく3つの理由

満足度が高いコーチング英会話おすすめトップ3!

英語というエレガントなツールを使ってバラ色の人生を手に入れるなら早いほうが良いに決まってます。 どれも人気で満足度は高いですが、1位のコーチング英会話はコーチング英会話の中で最も受講者の満足度が高くなってます! 無料カウンセリングを受けて比較しないことには、自分に合うコーチング英会話を見つけることは不可能です。
  • 人気が高い
  • 効果が高い
  • 受講者の評判が高い
上記3つが満たされているコーチング英会話3社です。 決断の先延ばしは英語が話せる人生を短くさせ、叶えたかった夢を忘れさせ手遅れにさせてしまいます。
  • 自分にあったコーチング英会話を選びたい
  • 可能な限り早く受講をスタートしたい
  • 失敗して時間とお金を無駄にしたくない
  上記3つが当てはまるひとは、今すぐ以下3つのコーチング英会話の無料カウンセリングを一気に予約することをおすすめします!
第1位:プログリット
あなたにとって最も効果的な英語の勉強方法で英語の自習を継続していくスキルが身につきます。 ティーチングではなくあなたの弱点や目的に合わせた正しい英語の勉強法を伝授し、卒業後も一人で英語の勉強を続けていけるように指導してくれます。 2019年に実施されたコーチング英会話の満足度調査で堂々の1位を獲得していますので、間違いなく効果があります。
特徴
  • 正しい英語学習法と英語の自習を継続するノウハウを教えてくれる
  • 生活習慣が改善され健康になれる
  • 卒業後1年のスケジュールを作ってくれる
  • あなたにとって最も効果的な英語学習方法で、卒業後もずっと英語の自習を続けることができる一生モノのスキルが手に入る
  • 30日間無料返金保証制度がある
  • すべてのコースと無料カウンセリングをオンラインで受講できる
こんな人におすすめ!
  • 受講者の評価や口コミで決めたい人(プログリットはコーチング英会話で顧客満足度が一番高い)
  • 卒業した後一人で英語学習継続できるか不安な人(卒業後の1年のスケジュールを作ってくれる)
  • 2〜3ヶ月の短期集中で学びたい人
  • 自分に合った正しい勉強法を知りたい人
  • 卒業後も英語の自習を継続できる一生モノのスキルを手に入れたい人
無料カウンセリングの内容英語力診断テストを受け、科学に基づきどこに原因があるから英語ができないのか、あなたに合わせた英語勉強法を教えてくれる。学習スケジュールを作ってくれる。

第2位:ライザップ英語
ダイエットで大成功を収めているライザップの英語版なので、「ライザップイングリッシュに通ってるんだ」と一言伝えるだけで周りの人達から「高額な金額を投資して本気で英語の勉強頑張ってるんだな。」と思ってもらえる。 結果、周りから応援されるし同僚や上司も意味のない飲み会に誘えなくなるでしょう。 筋トレと英語の鍛え方は非常によく似ていますので、ライザップメソッドが効果が高いのは間違いない。
特徴
  • ライザップメソッドなので効果は保証されているので安心
  • だれでも知っていてネームバリューが高い
  • 店舗が高級サロンのように豪華なのでそれに見合うようにやる気がでる
  • 30日間無料返金保証制度がある
  • すべてのコースと無料カウンセリングをオンラインで受講できる
こんな人におすすめ!
  • だれでも知っている有名なコーチング英会話で受講したい人
  • ダイエットや筋トレにも興味ある人
  • 店舗に通える人(店舗は高級感があっていい匂いがする)
  • トレーナーから直接英語を教えてもらいたい人
無料カウンセリングの内容ヒアリング、英語力診断テストを受けて、あなたの目標に合わせてどう改善していけば良いのか教えてくれる。

第3位:トライズ
トライズでは1年で確実に英語が話せるようになります。 トライズの社長の三木氏は、あの孫正義の元秘書です。孫正義のスピード仕事術が応用されたメソッドで、実際にトライズの社長が実践して結果がでているので、効果が高いのは保証されています。 トライズでは自分が興味のある映画のスクリプトを使って学べるので、映画が好きな人におすすめ。
特徴
  • 日本一のお金持ちで成功者である孫正義のメソッドが使われている
  • 社長が実践して効果がでているメソッドなので成果があることは保証されている
  • 1年で英語が確実に話せるようになる
  • ネイティブ講師のレッスンがある
  • グループレッスンを受けることができる
  • 30日間無料返金保証制度がある
  • すべてのコースと無料カウンセリングをオンラインで受講できる
こんな人におすすめ!
  • 孫正義や三木氏の本を読んで共感した人
  • 確実に英語が話せるようになりたい人
  • 興味のある映画のスクリプトで楽しく勉強したい人
  • ネイティブ講師のレッスンを受講したい人
  • グループレッスンを受けたい人
  • 同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨したい人
無料カウンセリングの内容ヒアリングを受けて、あなたの目標に向かってどのように英語学習をしていくのか、モチベのキープのやり方などを教えてくれる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です