オーストラリアへ2週間!高校生の短期留学記録:最後の1週間

スポンサーリンク

こんにちは!前回までオーストラリア短期留学準備編、出発編、最初の1週間についてと、短期留学のあれこれについて書かせていただいてきました。

今回はオーストラリアラスト1週間の体験談について書いていきます。高校生の目でみて肌で感じた体験を盛りだくさんに書いていくので、楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

ラスト1週間にさしかかった時の心持ち

緊張の出発から驚きがつまった初めの1週間を終えて、いよいよ残すは1週間!そんなとき、どんな気持ちで生活しているか想像がつきますか?

ぶっちゃけてしまうと、なかなかに生活に慣れてきて胸を張って歩けるくらいにはなってきます笑

じつは私、かなりの心配性でホームステイ先での最初の3日間は、少し外にでるだけでもホストファミリーの許可をとっていました。

まあそんなときは毎回みなさんご存知、「好きに振る舞っていいよ」的なフレーズが飛んでくるんですけどね…笑

そんな生活を続けて1週間、今度はいってきまーす!みたいな感覚で外に出るようになってきます。ホストファミリーも気をつけてねー、みたいな感じで緩くなってきます。まあね、文化は違えども人間だもの笑

そしてお互いにゆるーくなってきたこの時、個人的な感覚では一番楽しみどきでした笑

これ以上ときが進むと寂しくなって、これより前はどきどきで、今ほんとに楽しい!と感じると思います。オーストラリアを満喫するには最高のときなので、ぜひオーストラリアのよさを肌で感じてください!

ラスト1週間まで…英語力はどのくらい上がった??

英語圏への留学の目的はもちろん、英語力の向上だ!と考えている人が大半だと思います。ここだけの話、たいていは文化の大切さや差異を学びたい!と言わないと面接はだめだったりするんですけど…笑

私はもうおわかりだと思いますが、英語力向上したい組でした。そこでここでは、実際1週間の生活を終えてみてどれくらい英語力が上がったかを書いていきます。

あくまで私の主観なので、個人差は大目にみてくださいね♪

まずはリスニング力について!リスニング力は皆さんが考えているよりはるかに早く向上します。最初の日はほぼといっていいほど聞きとることのできなかったホストファミリー同士の会話も、1週間あればどこかのタイミングで突然聞きとれる単語が増えていきます。

 

私の友達は英語脳なるものが突然発達しだしたのか、日本人の派遣生にも間違えて英語で話しかけていました笑

またリスニングについて感じていたのは、ひたすらに誰と誰が会話していても、全く関係のない話でも聞き取ろうとする意識をすると、どんどん力がついていくということです。

私自身、全く自分には関係ないだろうなという大人同士の会話も、こんなネイティブの発音を耳にできる機会はめったにないぞ!!と自分に言い聞かせながら、とにかく聞き取ってやろうと必死でした笑

CDを聞くより何千倍もネイティブの発音なので、貪欲になりましょう。

次にスピーキングについて!スピーキングは個人的には1週間だとなかなかに上達しにくかった印象です。

私が聞くことに重点を置いていたからというのも災いし、生活に必要な英語や自分のことを話すほかにはあまり上達はできませんでした。

私のようにならないためにここで知ってほしいのは、とにかくなんでもいいから話しかけてみてほしい、ということです。話してみないとやはり上手くはなれません。

もちろんそれにはかなりの勇気が伴いますが、せっかくお金を出して留学してるんですよ!!ここでも貪欲になりましょう笑

また、1週間たつと、オーストラリア英語の特徴を身にしみて感じることができるようになってきます。下の動画などを留学中にみて、あー!と共感するのも楽しいかもしれませんね!

この1週間で私がしたこと

最後の1週間、上でも書いたようにとても楽しい大切な時期。そんなときオーストラリアを満喫するため、皆さんはなにをしてみたいですか?

私はこの1週間、とにかくホストファミリーや現地の子たちとの仲を深めたくて仕方ありませんでした。なのでホストファミリーがこんなお出かけするんだけど一緒にどう?と言われたらぜっったいに断らないようにしていまして…笑

すっごく疲れて眠くてしょうがない日も買い物につきあったり少し遊びにいったりしていました。なんやかんやで思っていたよりも楽しい思い出が出来て、一つの目標が達成できた気がしましたよ♪

また、ラスト1週間は後半にさしかかるとそろそろお別れだなあ、というムードが出てきます。私も感動的なお別れにできるよう、お手紙や小さなプレゼントの用意を着々と進め始めていました笑

後から知ったのですが、ホストファミリーのみんなも実は着々と準備してくれていたようで、もらいすぎな位たくさんのプレゼントを貰いました。もし自分が手紙すら準備していなかったら…と思うと恐ろしいので、このあたりから準備を進めるのをおすすめします笑

まとめ

今回はオーストラリア留学、最後の1週間の経験談をお伝えしましたが、どんな生活が目に浮かんだでしょうか?

はっきり言ってしまうと、このあたりは自分次第なので、かなり個人差があると思います笑

この経験談は、こんな人もいるんだ~という感じで読んでもらえれば幸いです。

皆さんが自分なりに楽しめる留学生活を創っていけることを陰ながら願っています!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA