スマホ留学って本当に無料?有料なの?料金と総額費用はいくらなのかを丁寧に暴露します

「英会話をできるようになりたいけど、英会話スクールに行っている時間が無いんだよなぁ」
「海外出張があるから英会話を早急にできるようにならないと」

などと言った事情で、インターネット検索をしていると出てくる英会話教材の一つがスマホ留学です。通勤の途中や空き時間を有効に利用して毎日5~10分、三カ月間課題を繰り返すだけで英会話を習得できます、と謳っています。

スマホ留学とは?

スマホ留学は国際セールスマンとして活躍するカリスマ的人気の英語講師、塩原祥之氏が作ったスマホ一つでできるイングリッシュライフ社の英会話教材です。まずは無料で導入部分を視聴し、有料コースを自己選択することで本格的に英会話教育が始まります。

スマホ留学創始者の塩原祥之氏プロフィール動画がこちらです↓↓↓↓↓↓

スマホ留学の教育方法はネイティブが良く使う会話のインプットとアウトプットを繰り返して覚え、例文の中の単語を入れ替えることで使えるようにするものです。

私も英会話を東京オリンピックまでに習得したいと一念発起してスマホ留学をしてみたので、今回は一番気になるスマホ留学の料金と総費用への疑問点を暴露して行きたいと思います。

スマホ留学って本当に無料なの?有料なの?

スマホを使って空き時間を利用すればだれでも英会話ができるようになる。しかも無料となればこれは実に魅力的です。

スマホ留学もほかの教材同様、無料お試しがあります。
無料お試しに自身のメールやLINEのIDなどを登録することで、教材の導入部分や教育の進展方法、受講生の三カ月後の受講効果などが確認できます。

無料の部分では塩原氏から動画でどんなコンセプトでどんなことをしていくのかを提示されます。塩原氏の口調が軽快で楽しいので、私はいつの間にか引き込まれてしまったのですが、さすがカリスマ講師ですね。

肝心の内容はと言えば、フォニックスアルファベット(アルファベットの読み方と発音の仕方)など、初心者が「なるほど」と思ってしまう内容の無料動画もあります。

スマホ留学では5日かけて入学前に動画が送られてくるのですが、それら送られてくる無料動画を見終わらないと入学費用については教えてくれません。無料動画をすべて見終えると最後の動画で入学金の提示がされます。

スマホ留学の料金

気になるスマホ留学の入学金はいくらでしょうか?

スマホ留学は入学時、以下の2つのコースから選択できます。

30日間コース…  97,000円
90日間コース197,000円

これ以外の料金は一切かかりませんし、オプションの強要も一切ありません。WEB上での会話などもないため、別途前払いなどもありません。

入学金は決して安いとは言えない金額ですが、三カ月で英会話ができるようになると考えれば高くはないと思える絶妙な金額設定だと思います。分割も可能でキャンペーン期間であれば分割手数料をスマホ留学側がもってくれます。

入学するときに勘違いしてはいけないのは、スマホ留学では決して三カ月でぺらぺらにネイティブと話せるようになるとは言っていない点です。

ホームページや塩原氏自身も動画で言っていますが、三カ月後のゴールはある程度の速度のグロービッシュイングリッシュ(国際共通語)でゆっくりなら一般的な会話のキャッチボールができるようになることだと言っています。

英会話は一般的な会話であれば1500単語程度で英会話は成り立っていて、この約1500単語のことをグロービッシュイングリッシュと言います。

英検であれば3級、TOEICであれば400点弱程度の英単語知識があればいいので、中学校卒業程度の単語数を覚えていれば大丈夫ということになります。

そこを目指して毎日やることは、例題としてだされる出される文章をスマホに録音をしてLINEの専用フォームに送ります。

送られた音声を基に、塩原氏がネイティブレベルで話せると判断した日本人講師、もしくは日本語で返信できると判断したネイティブから、発音やイントネーションなどのアドバイスを受けることができます。これを90日間繰り返します。

スマホ留学に必要な教材や参考書

スマホ留学では、追加で教材や参考書を買わせるようなことは一切ありません。

入学すると会員専用サイトが見られるようになります。サイト内の資料であればダウンロードし放題ですし、何度見直しても無料です。家族内であれば共有しても大丈夫ですし、フィードバック期間内であれば家族にもそれぞれアドバイスなどを返してくれます。

サイト中で塩原氏が勧めている本が10冊ありますが、これ強制ではなく入学金以外での費用を求められることは全くありません。まれに出てくる高校以上で習う単語もWEB辞書で十分対応できます。

スマホ留学するのに必要な総経費がこちら

スマホ留学でかかる必要な総経費は30日コースで入学費用の97,000円、90日コースで197,000円のみです。90日コースなら一日換算で2,000円強ですから、一般的な英会話スクールに通うより大変安くなります。

90日間やり遂げた後に30日間だけ20,000円で追加講義を受けられますが、これも強制されることはありません。「もう少し続けたいな」と思われる方は申請するといいでしょう。

まとめ

スマホ留学は対面やWEBでの会話は一切ありません。会話が苦手な方やこれから始めようと思っている方が、まずは中学生レベルの英単語を思い出すこと、耳と口を慣らすために使える教材だと言えます。

実際に三カ月コースを体験した私の感想としては、「20万円近い金額を払っても惜しくはなかった」と感じています。スマホ留学を90日間続けたことによって、英会話の勉強をする癖がつきますし、やり遂げた時の達成感を味わえます

残念ながら私はぺらぺらと話せるようになりませんでしたが、近くへの道案内程度ならパッと頭に英語が浮かびますし、外国人に話しかけても通じる発音で話すことはできるようになりました。

このことで私自信は外国人に対して苦手意識は少なくなりましたし、積極的に話しかけられるようになったのは満足のいく結果です。

しかしながら前述のとおり、スマホ留学のカ月でネイティブスピーカーとぺらぺら話せるようになるわけではありません

私のような完全な英会話初心者であれば塩原氏の言う通り、最低でも一年程度はかけて学習を続けなければ、ネイティブとスムースな言葉のキャッチボールができるようになりません

その意味では、「三カ月でネイティブと話せるようになる」というスマホ留学の広告を見たあなたが「三カ月後にどこまで英会話ができるようになっていたいのか?」でこの教材の判断は分かれるところです。

これから英会話の勉強を始めようと思っている方がいらしたら、無料体験版を試してみてはいかがでしょうか?塩原氏のトークや無料動画が合わないと思えばそれ以上のお金はかかりませんし、しつこい勧誘も一切ありませんからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です