リプロダクションの英語トレーニング法とは?コツや効果を紹介!

スポンサーリンク

これから英会話力を身に着けようとしている、あなた!

是非、実践して頂きたいトレーニング方法をご紹介します!それは「リプロダクション」という方法です。

ここ最近、プロの通訳を育てる通訳学校などでも使われているトレーニング方法で、効率的に英会話力を身に着けることができると言われています。

スポンサーリンク

リプロダクションの英語トレーニング法とは

「リプロダクション」という英語の意味は、「再生・再現」となります。このトレーニング方法としては、英文の音声を聞いて、記憶をして、そっくりそのまま自分の口で発声(再現)をしていきます。

つまり、英文のリスニングとスピーキングを同時に行うことで、英会話力を身に着けよう!ということです。始めのうちは、一つの文を短い間隔で区切って練習すると良いでしょう。慣れてきたら徐々にその文の間隔を広げて、難易度を上げていくといいかもしれません。

最終的には一つの文、全てを言えるようになりたいですね。

トレーニングの手順
①英文の音声(リスニング教材など)を用意する

②自分で決めた長さの英文を再生する。

③聞き取りを終えたら一時停止する

④すぐに自分の口で聞き取れた英文を発声する

⑤再度、同じ英文を聞いて間違えを確認する

単に聞こえてきた英単語を音で覚えて、発声するというよりは、聞こえてきた英文の内容を理解して、描写を想像してから、自分の口で再現した方がより良いトレーニングになります!

リプロダクションのコツは

「リプロダクションなんて初めて聞いたし、一人でうまく練習できる気がしないよ…。」って思いますよね。

リプロダクショントレーニングのコツは2つです。

①暗記よりも内容理解を意識

聞こえた英文を暗記することに注力しすぎずに、まずは内容理解に努めて、正しい英語を自分の言葉で再現できるかという点が大切です。それには、「一語一句漏らさずに暗記しないと!」というスタンスを捨てます。日本語でのプレゼン練習も同じだと思います。

丸暗記をして、それを思い出しながら話そうとしても、中々うまくいかず、よいプレゼンには結びつかないと思います。内容を理解して、自分の中に落とし込んだ方が良いはずです。

それと同じように、リプロダクションでも、暗記よりも、内容理解を意識して練習しましょう!

②集中して継続的に取り組む

1回の練習時間は、短くても構わないので、集中して取り組むことが大切です。リプロダクションは、耳から聞いて、口から発しているので、これ以上の事を”ながら”で作業しても全く意味がありません。

あとは、1ヶ月…3ヶ月…半年..と、継続して練習するようにしましょう。

最終的には、練習して英文を丸暗記してしまうくらい集中して、繰り返し繰り返し練習あるのみです!

リプロダクションの効果とは

リプロダクショントレーニングを行うと、聞き取った英文の内容を理解したうえで、正確な英語を自分自身で英文に組み立てることができるようになるので、知識として知っている英語を、実際に使える英語に変えることができます!

つまり…

効果①

正確な英文の構成を理解することができます。リスニングとリーディングはこれでバッチリ!

効果②

正確な英文を再現する為の知識の応用力が身に着きます。スピーキングとライティングもこれでバッチリ!

リプロダクショントレーニングは…音声を聞くので、リスニング力が鍛えられ、文章の構成に慣れるので、リーディング力が鍛えられ、自分の口で発声するので、スピーキング力が鍛えられ、英文を繰り返し再現するので、ライティング力が鍛えられる!

英語に関するスキルを網羅的に習得できるのです!!

まとめ

  • リプロダクションとは聞いた英文を記憶し
    発音して学ぶトレーニング方法
  • 英文の暗記よりも内容理解を意識して取り組む
  • 短時間でも集中して、長期的に取り組む
  • リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング
    全てのスキルを網羅できる

 

リプロダクションに挑戦して英会話力を身に着けましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA