YouTubeで学ぶ英語のリスニング、レベル別オススメ動画まとめ!

スポンサーリンク

英語のリスニングって、教材についているCDだけだと飽きてきますよね。頭の中に内容が入っているから、ただ聞き流すだけになってしまうことも。それでは、リスニングの勉強としては効果は半分くらいしかありません。

しかし、今は文明の利器、スマホ、タブレット、PCが普及しています。せっかくですからインターネットに接続されたこれらの機器を利用して、リスニングを行いましょう。

中でも、YouTubeには良質な動画が沢山あります。内容も多種多様で、一つ動画を見れば類似動画が紹介され、チャンネル登録すれば配信された時に通知も届きます。

ここでは、初級、中級、上級のレベル別にオススメの動画を紹介します。YouTubeを上手く使って、リスニング力を鍛えましょう!

スポンサーリンク

1.YouTubeでリスニングを学ぼう!英語初級レベル編

まだ英語の勉強を始めたばかり、英語がとても苦手な人にオススメする動画です。単語をまとめたものから日常的なフレーズに至るまで、様々な動画を紹介します。

尚、初級の頃は英語の音に慣れることが重要なので聞き流しでも構いません。英語の音の抑揚や流れなどの感覚を掴んでいきましょう!

①単語・熟語を知ろう

英語以外のどの言語にも言えることですが、語学というのは単語を知らなければ何もできません。知っている語彙の量が力を持つのが語学です。

以下の動画は基本的な英単語をまとめたものです。リスニングを学ぶ際、これらの単語・熟語が聞き取れるようになる必要があります。

これらは基本となる単語・熟語です。これらの単語を聞いてすぐに意味が理解できるようになると、かなりリスニング力が上がります。

動画によって学べる単語数は違いますが、私としてはまず1番上の動画を完璧にすることをオススメします。単語数が少ない分、何度も何度も徹底的に聞いて完璧にしてください。1つの動画を完璧にすれば、不思議と英語に慣れて他の動画で出てくる新出単語も聞いて覚えられるようになります。

その後、単語のマンネリ化を避けるためにこれらの動画をローテーションしてください。ローテーションしているうちに単語も熟語も覚えていくはずです。単語をリピートしたり、ディクテーションしたりすればより効果は高まるでしょう。実践してみてくださいね。

②フレーズ集

日常会話で使う簡単で短めなフレーズを集めた動画を紹介します。これらの動画で英語の音のイントネーションやリンキングなど、特徴を掴んでいきましょう。

これらの動画も何度も聞いてください。一つフレーズ集をマスターすると応用が効くので、かなりリスニングが楽になります。

また、日々の生活の中で「この場面はこう言うんだよなぁ」と思い出せばより定着します。英語は使えば使うほど身につくので、積極的に英語で言い表せる場面がないか探しましょう。自分が使える表現は確実に聞き取れますから、リスニング力向上にもつながります。

③その他

その他の動画をまとめました。参考にしてください。

問題形式になっているところは、是非口に出して答えましょう。話せる英語は聞き取れる英語です。リスニングとスピーキングは一緒に行うと、相乗効果で英語力がより向上します。余裕がある時で良いので、口も動かしましょう。

2.YouTubeでリスニングを学ぼう!英語中級レベル編

最低限の英語の語彙を持ち、何となく英語の音が掴めてきた方は中級レベルのYouTube動画を見てみましょう。中級レベルからは徐々にシチュエーション別のフレーズや長い文章を聞いて、よりリスニング力を高めましょう。

①単語を知ろう

以下はTOEICの中で中級レベルの英単語をまとめた動画です。これを見て自分がどれだけ語彙を持っているか確かめてから、他の動画に移りましょう。

②シチュエーション別フレーズ集

ビジネスや観光などのシチュエーション別のフレーズを聞きます。場面を想像しながら聞きましょう。

シチュエーション別となると語彙レベルが上がります。わからない単語があれば調べましょう。音がわかれば、スペルがわからずともGoogle翻訳なら音声入力で調べることができます。

③長文⑴〜物語を聞こう〜

長い英文を聞く練習として、日本語訳されているような有名な物語を聞いてみましょう。ストーリーがわかっているので、音声を聞いていて意味がわからず退屈に思うことはありません。

ジャックと豆の木

白雪姫

ヘンゼルとグレーテル

美女と野獣

④長文⑵〜スピーチを聞こう〜

物語以外で長時間の英語を聞くのなら、スピーチを聞くのがオススメです。テーマが掴めてしまえば比較的楽に聞くことができます。

筆者がオススメするのはアメリカ合衆国の大統領演説を聞くことです。特にオバマ前大統領の演説が良いと思います。

アメリカには英語を母語としない人もたくさん住んでいるため、政治家のスピーチは誰でも理解しやすいように書かれています。発音も明瞭でスピードも比較的ゆっくりです。また、アメリカの大統領は数人の例外を除いて皆スピーチが上手だとされています。

そのため誰のスピーチを聞いても良いのですが、特にオバマ前大統領は雄弁家で、スピーチが神がかっているという評価がなされています。前大統領なので、任期も最近です。そのためスピーチ文の翻訳も手に入れやすく、内容をすぐに確認できます。

就任時スピーチ(第1期)

訳文が載っているサイト↓

http://www.ibcpub.co.jp/obama/

広島訪問時演説

訳文が載っているサイト↓

https://www.google.co.jp/amp/s/www.sankei.com/politics/amp/160527/plt1605270066-a.html

はじめの頃は長時間英語を聞き続けるのは苦痛かもしれません。5分、10分程度から始めましょう。慣れてくると丸々1話聞けるようになります。慣れですので継続が必要です。寝る前や通勤通学の数十分など、時間を決めて聞いてみてください。

3.YouTubeでリスニングを学ぼう!英語上級レベル編

英語の音に慣れ、語彙力も十分ついてきたら上級編のリスニング動画に挑戦しましょう。ここでは外国語履修者向けの動画とニュース動画を紹介します。

①単語を知ろう

以下はTOEIC基準で上級レベルの英単語をまとめた動画です。これを見て自分がどれだけ語彙を持っているか確かめてから、他の動画に移りましょう。

②外国語履修者向けの動画

英語のスキルが中の上〜上級の方にオススメするのは海外ドラマ、Friends(フレンズ)。この動画の特徴は「英語音声のみ→英文字幕あり→英語字幕日本語訳ありの順に動画が進むことです。ネイティヴの表現、スピードに慣れながら英語を学習することができます。

内容も面白いので、学習が続きやすいと思います。1日1話ずつでも良いですから視聴しましょう。留学前、海外出張前にまとめて観るのもオススメです。

③ニュース動画

上級者レベルのリスニング力を鍛えるなら、ニュース番組の動画が良い素材になります。ニュース番組は語彙力が必要で、スピードも速いです。

インドのニュース番組です。やや訛りがありますが、世界には様々な英語の訛りがあります。聞き取れるようになるとよりリスニング力が向上するでしょう。

こちらは中東、Al Jazeera(アルジャジーラ)の英語ニュースです。

BBCはネイティヴ地域(イギリス)のニュース局です。他2つは非ネイティヴ地域のニュース番組ですが、ネイティヴレベルの英語力が求められます。

英語でニュース番組を見れば、時事にも詳しくなれて一石二鳥です。時々ライブで放送している時もあるので、チャンネル登録をオススメします。

4.まとめ

    • リスニングのためには語彙力が必要。本格的にリスニングを勉強する前に自分の語彙力を確認すること。
    • 語彙力、自分がどれだけ英語の音を掴めているかを考えて、自分にあったレベルの動画を視聴すること。
    • リスニング力向上には継続が不可欠。毎日学習を行うこと。

YouTubeには英語を学習するための様々な動画があり、日々更新されています。活用しないのはとてももったいないです。ここで紹介した動画は、YouTube上にある動画の一例に過ぎません。

この記事をきっかけにあなた自身が様々なYouTube動画を見て、英語力を向上させてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です