カナダワーホリ、日本人が少ない都市でまだ知られていない所とは?

スポンサーリンク

カナダは気候も日本に似ている地域が多く、他の国に比べて比較的安全だと言われています。そのため日本人にとって有名な国の一つで、なんと年間6,500人もの人がワーホリでカナダを選んでいます!

カナダに来てみて思ったのは、「やっぱり日本人めちゃくちゃいる!!」
バンクーバーやビクトリアなど大きい都市を選ぶと、レストラン、学校、ジム、どこに行っても日本人がいる…というシチュエーションもまれではありません。

せっかくカナダに来たのに、日本人同士で過ごす時間が長く、結局英語が伸びなかった…なんていう体験をしている人は実はたくさんいます。

でもやっぱり、一年間という時間を無駄にしたくはないですよね。

ワーホリを通して本気で英語を学びたい、ネイティブの友達をたくさん作りたい!!」 そんな人のために、カナダに一年間住んでみて分かった、日本人が少ない都市やまだあまり知られていないおすすめスポットまで紹介します。

カナダワーホリにおすすめ!日本人が少ない都市
①カルガリー:Calgary

カルガリーはカナダ西部にあるアルバータ州にあります。日本人は本当に少なく、ダウンタウンを歩いていてもあまり見かけることはないです。

カナダの自然に触れたい、スキー、スケート、スノーボードなどのウィンタースポーツを楽しみたい方にすごくお勧めの都市です。

アルバータ州の中では最大の都市と言われていますが、バンクーバーやトロントといった大都市に比べると比較的小さめです。小さいといっても、バスなどの交通機関は整っているので安心してください!

そして驚きなのが、ダウンタウン内のバス、スケートリンクなどが無料!!
こうした公共サービスがとても充実している都市はなかなかないと思います。ダウンタウン内に住んで、バスの値段を浮かせるなんてことも可能かもしれません。

また、ほかの地域と比べると税金が安いです。これはワーホリをしている私たちからするとすごく嬉しいですよね!

シェアハウスなども、月450$から見つけることができます(電気、水道代、インターネットが家賃に含まれていない場合もあるので注意してください)

でも、冬めちゃくちゃ寒いんじゃ…?と心配される方もいるかもしれません。私は寒いの無理だから絶対住めるわけない!!と思っていました。

答えは「YES」日本に比べたら確かに寒いです。
でも「思っていたほど寒くない」マイナス30度なんてよく言われますがとてもまれで、日中は基本的に晴れている日が多いです。

カナダは基本的に寒い地域が多いので、厚い冬用のコートは絶対に一枚は必要です。

カナダワーホリにおすすめ!日本人が少ない都市
②モントリオール:Montreal

州の中にあるとても大きな都市です。ほかの都市との大きな違いは、住民の多くがフランス系カナダ人!びっくりですよね。

その他にも、本当に多くの国からの移民が住んでいて、多民族な都市です。公用語は基本的にフランス語ですが、じゃあ日本人も多いのでは??と思うかもしれません。

実はここ、アジア人自体が少ないんです!「異文化の環境にどっぷりつかりたい」という人にはすごくおすすめな場所です。

また、「北米のパリ」と呼ばれているだけあって、街中を歩けばまるでヨーロッパに来てしまったかのような感覚を味わえます。
カナダにいながら、多文化も楽しめるそんな素敵な街です。

色々な文化があるのは素敵だけど、仕事を見つけるのは大変?フランス語って必要なの?実はこれみんなの意見が分かれるところなんです…

仕事を探すにあたってフランス語が求められるケースが多くあります。モントリオール内で仕事を探してみたところ、フランス語を話せるまたは理解できるのが必須条件になっているところは多くありました。

というのも、フランス語を話す人が多くいるわけですから当たり前ですよね。でも安心してください!フランス語を話せなくても仕事はあります。

フランス語に自信のない方はSeasonal job(短期バイト)を中心に探すことになると思います。特に大きいショッピングモールは季節ごとに短期バイトを募集するので、時期に合わせて仕事を変えていくのも面白いですよね!

しかし、短期バイトだけでやっていくとなると安定した生活ができるとは限りません。特に冬は、そういった仕事が一気に減ってしまうので、ワーホリを始める時期をしっかり考える必要があります。

カナダワーホリにおすすめ!日本人が少ない都市
③トロント:Toronto

「せっかく海外に行くなら大都市に住んでみたい!」そんな方におすすめな都市トロント!カナダで最大の都市で、世界で住みやすい都市ランキングの上位に常に入っています。

大都市のいいところはやっぱり「仕事が豊富にある」というところ。多くのワーホリの方は接客の仕事を選ぶことが多いですが、観光やイベント、季節ごとの短期の仕事も豊富にあるのがトロントの魅力です。

いやいや「大都市=日本人が多い」ってよく聞くんだけど!と思った方いるかもしれません。大都市は交通機関も整っていて住みやすいので、基本的に日本人は多いです。

しかし、トロントは少し別!!
ワーホリで来ている多くの人のがフィリピン、アメリカ、インド、フランスからで、日本人はまだまだ少ないんです。

ではトロントの日本食レストランはどうでしょう??
やはり日本食なので残念ながら日本人はいます。しかし、バンクーバーなどの大都市に比べると、はるかに英語環境を手に入れやすいです。

日本人以外ももちろん働いているので、サーバーとして働けばほぼ英語を使って働くことも可能です。かといってゼロではないので「日本人の人とは働きたくない」という方にはあまりおすすめしません。

また仕事を見つけるに当たって、一回レストランに行ってみて、働いている人が英語を使っているか確かめるのもすごくおすすめです!

いったこともない場所にランダムに応募して、働いてみたら想像と違う…なんてことがあると、働く気も失せてしまいますよね。

私は仕事探しに時間をかけても全然大丈夫だと思っています。仕事探しは、素敵な出会いができる大きなチャンスです!

スポンサーリンク

まとめ

カナダワーホリ、日本人が少ない都市でまだ知られていない所とは?

・公共サービスが充実していて税金も安くウィンタースポーツも楽しめる、カルガリー
・フランス系カナダ人が多く多民族な都市で異文化の環境にどっぷりつかれる、モントリオール
・大都市で住みやすく仕事も豊富にあり日本人も割と少ない、トロント

毎年カナダには多くの日本人が行く印象がありますが、まだまだ日本人が少ない都市はたくさんあります。

「自分の英語を本気で伸ばしたい、海外で友達を作りたい」そんな方はぜひ、この3都市を視野に入れて考えてみてください。

もちろん日本人が少ない都市を探すのも大切ですが、どんな都市に住んでいても英語だけの環境を作るのは可能です。

どうしてカナダに来たのか、何を成し遂げたいのかを忘れず、一年間楽しんできてください!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です