カナダビクトリア、観光にベストな時期はいつ?一年を通して気候は?

スポンサーリンク

町と豊かな自然が両方楽しめる美しい街ビクトリア。せっかく行くならどちらも楽しめるベストな時期に行きたいですよね!!

しかしインターネットには「四季があってどの季節も楽しめる!」とか「冬は行かない方がいい!」と、ほんとに沢山の意見や情報があって結局いつ行けばいいの?って迷っちゃいますよね。

確かにどの時期もイベントはありますが、ビクトリアに実際に住んでみると観光に向いている時期と向かない時期がはっきり分かれているのに気づきました!また、時期によってイベントの種類や数も大きく異なってくるんです。

それを知らないでビクトリアに来てしまうと「あれ…写真で見ていたのと全然違う」なんてことも起きてしまいます。

皆さんに一番町や人々が活気づいている観光にもってこいの時期に来てもらうために、ビクトリアの観光や気候について紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

カナダビクトリアの一年間の気候は?

ビクトリアの気候は一年を通して日本より寒く、大きく分けると4つの季節に分かれます。

まだまだ寒い1月~3月

1月から2月は一年を通して一気に気温が寒くなる時期で、毎年ではありませんが雪が降ることもあります。12月に比べたら、比にならないくらい寒い日ばかりです。

私が住んでいた時は2年連続で雪が降って、ものすごく厚いコートを着てマフラーをぐるぐる巻きにして出かけていました。普段あまり気温がマイナスになることはありませんが、雪が降るとマイナス6度にまで冷え込むこともあります!!

寒さにあまり慣れていない私にとっては本当に辛くて、しばらく外に出るのがいやになってしまった時もありました…また日が落ちるのがめちゃくちゃ早くて、4時にはもう暗くなってしまいます。

3月になってくるとだんだん日が伸びてきて明るくなってきますが、雪が降った年の3月は2月とあまり変わらないくらい寒いです。

やっと暖かくなってくる4月~6月

4月から5月にかけて、やっと春らしい気候になってきて雨も一気に減ります!日差しも結構強くて、春なのに日本の夏レベルにまぶしいです。

日差しが強いといっても、気温はまだまだ涼しいくらいで暑くても15度くらいにしかなりません。日中は薄めの長袖でもいけますが、日が落ちてくると一気に寒くなってきます。

しかし6月になると、一気に夏の始まりを感じます!!日も強いし、暑くて暖かい。この季節は半袖でも十分過ごせます。

暑すぎない最高の夏!7月~9月

7月と8月はビクトリアで一番暖かくて、雨が少ないカラッとした時期です。私はビクトリアの暑すぎず、じめっとしていない夏が本当に過ごしやすくて大好きです。

この時期に街を歩いてても汗をかかないなんて、私には天国みたいな場所です!!熱中症などの心配も、そんなにしなくても大丈夫です。

といっても日差しは日本に比べたらはるかに強くて、サングラスがないと眩しすぎて街を歩けないこともあります。車を運転するんだったら、絶対にサングラスは必要です。

またこの時期は、野外で行われるイベントも一気に増えてきて街がどんどん活気づいてくるのが分かります!

9月に入ってくると、気温が少しづつ下がってきます。夕方は薄いジャケットを羽織りたいかなって感じるくらいです。

雨が降り始める10月~12月

10月に入ると一気に寒くなってきます。写真を見返してみたら、もうこの時期に薄めのコートを着ていました!

11月、12月は日本と同じでビクトリアもどんどん冷え込んできます。マフラーとジャケットは必需品でした。

また日本とは逆で、冬に雨がたくさん降るんです…これめちゃくちゃ辛かったです。月によってはほぼ毎日雨が降った時期もあって、ただでさえ寒いのに雨のせいで余計に気温が下がってしまいます。「もう雨はやめて!!」って心の中で叫んでました。

カナダビクトリアの観光はいつがベスト?

私は絶対に春の終わりから夏の間をおすすめします!!冬のビクトリアとはもう別世界で、緑ときれいな花であふれています。私はこの時期が一番大好きで、街を歩いているだけでなんだかワクワクしてきます!

あれ?花って春が一番きれいなんじゃないの?って思った人もいるかもしれません。実はよくネットに載っているビクトリアの花の写真は、春ではなく6月の終わりに撮られたものなんです。

夏に花って少し変な感じがするかもしれませんが、ビクトリアの夏はそこまで暑くないので花の開花も日本に比べたら少し遅めなんです。

そして私がこの時期をおすすめする一番の理由は、6月から9月にかけて一気に楽しいイベントが増えてくるからなんです!ほぼ毎月いろいろな種類のものが開催されて、中には無料で入れるものもあります。

ジャンル別に分けて、ビクトリアの夏のイベントを一気に見ていきましょう!

音楽好きの方必見!ビクトリアの有名な音楽イベント

ビクトリアで音楽って、あんまりピンと来ないですよね。私もこっちに来るまで、音楽の印象はほぼありませんでした。でもビクトリアって、音楽に力を入れている地域の中の一つなんです!

夏になると野外コンサートやイベントが毎月開催されていて、本当に多くの人でにぎわいます。年齢問わず、みんなで楽しんでいる姿を見ていると、こっちまで楽しくてわくわくしてきちゃいます。

ジャズフェスト ビクトリア(7月)


このジャズフェストはなんと10日間も続く、ビクトリアで一番長い音楽イベントなんです!!カナダ出身の有名なアーティストはもちろん、食べ物、飲み物まで楽しめます。

このイベントでは、毎日演奏するアーティストが違って毎日飽きずに楽しめるのが特徴的。自分が好きなアーティストが演奏する日を狙って、チケットを買うのもありだと思います。

※チケットを買う際に二つ気を付けてほしいことがあります。
3月前にチケットを買うと15~20%安いのですが、それ以降は値段が高くなってしまいます!なので出来るだけ早めに買うことをお勧めします。また、間違ったアーティストのチケットを買ってしまうと、当日取り換えることはできないので注意してください!

ボランティアも募集していて、運営に関わりたいという人には地元のアーティストと触れ合える本当に貴重な体験になること間違いなしです。私の友達がボランティアをしていましたが、みんなフレンドリーですごく楽しかったそうです。

Rook The Shores 帰ってきたロックフェス!


金曜、土曜、日曜と三日間行われるイベントで、12時半から夜の9時半までノンストップでアーティストの演奏を楽しめます。一日だいたい10組ものアーティストが来て、最高に盛り上がります!!

音楽のジャンルの縛りは特になく、とても有名な人から地元の昔からあるバンドなど幅広い音楽が楽しめるのが特徴です。

Rifflandia Music Festival(9月) 夏最後の音楽フェス!

このイベントなんと、三日間という短い時間で155ものアーティストの音楽が楽しめるんです!!こんなに大規模の音楽イベントはなかなか無いですよね。

今では夏最大の音楽フェスですが、元々このイベントの地元の人が小さなテントで始めた小さな音楽イベントだったんです。11年たった今、ビクトリアの公式な音楽フェスト認定され子供から大人まで多くの人に愛される存在になりました。

地元の人の愛と歴史が詰まったとっても素敵な音楽フェスです。友達と一緒に、思いっきり汗をかいて歌って踊って、夏最後にして最大のイベントを楽しんできてください!!

ビクトリアの美しい自然に触れる

ビクトリアの夏と言ったら、なんといっても緑の美しい木々と色とりどりの花です。どこに行っても綺麗な花が飾られていたり、道にたくさんの気が植えられていたりと、街と自然が一体化したような世界を楽しむことができます。すっごく綺麗で清々しい気分になります。

空気も綺麗で空も青く、この時期のビクトリアは一年で一番きれいだと断言できるくらいです!

・緑に囲まれた湖でリラックス

Elk/Beaver Lake

湖でも有名なカナダですが、皆さんカナダにいくつ湖があるか知っていますか?なんと30,000以上もあるんです!!驚きですよね…

私も週末に行くんですが、きれいな空気と鳥の鳴き声で本当にリラックスできます。まるで絵本の中にでもいるような気分になってしまいます。

その中でも私のお気に入りはエルク/ビーバーレイク(elk/beaver lake)です。泳ぐことはもちろん、カヌー、ウォーキング、ハイキング、ピクニックなど自然に触れ合るイベントが盛りだくさん!

15キロのウォーキングツアーも開催されているので、それに参加して地元の人と自然に触れるのも素敵ですね。

もし、リラックスした時間を過ごしたいなら、週末にはいかないでください。週末は親子連れが一気に増えるので、わいわいした雰囲気になります。リラックスしたい人にはあまり向きません。

・色とりどりの花を楽しむ

Butchart Gardens

ビクトリアで花を楽しむなら絶対にButchart Gardensがおすすめです!!大きな庭園は「バラの庭、イタリアの庭、ヨーロッパの庭、水中花の庭、日本庭園」と5つに分かれています。

結構広くてゆっくり歩くと一周するのに45分くらいかかるので、友達、家族、恋人とお話ししながらリラックスした時間を過ごすのには最高のスポットです。季節ごとに、違う花を楽しめますが夏の間(6~8月)が断然綺麗です。

ビクトリアでは6月の半ばから8月にかけて一気に花が開花していきます。日本では4月5月が花の季節ですが、ビクトリアの夏は15度から25度までにしかならないので、花を楽しむのには最適な時期なんです。

値段は時期によって異なりますが、夏の間は3000円前後ですべての庭園を楽しめます。中にはレストランやお土産ショップもあるので、疲れたらゆっくり休んでお茶をするなんてのもおしゃれですよね。

・青空の下でピクニックを楽しむ

Parliament Building

ここは政府の議会に使われている建物(Parliament Building)で、目の前の広い芝生の空間は誰でも入ることができます。

地元の人はここでゆっくり座って友達と話したり、お昼寝したりとのーんびりした時間を過ごします。夏になると真っ赤な綺麗な花も楽しむことができ、多くの人に愛される場所の一つです。

建物の中には入れないの?と思った方いますよね。実は、中も見学できるんです!!私も一度見学したことがあって、入る前に荷物検査やカメラの回収がありました。政府の建物だけあって、警備はとても厳重でした。

でも安心してください!人はとっても優しくて、ガイドもしてくれます。ガイドマップは英語、フランス語、日本語、中国語、韓国語が用意されているので、英語が話せなくてもちゃんと理解できるようになっています。

ビクトリアの文化に触れる

夏の季節には市民全員が参加するビクトリアの歴史に関わるイベントもあり、その歴史を受け継ぐために市が一体となってそのイベントに力を入れています。

観光地を訪れるだけではなく、ビクトリアの歴史や文化に触れたり、地元の人と触れ合ったりする時間もぜひ作ってみてください。「ビクトリアに来た!!」という感覚を味わいたい人にはぜひ参加してほしいです!

・カナダ/ビクトリアデイ(Canada/Victoria Day)

Parliament Buildingの庭園

これは、一年を通してカナダ最大のイベントです!!今まで見たことのないくらいの人が先ほど紹介した政府のParliament Buildingに大集合します!

このイベントは簡単に言うと、「カナダのお誕生日」です。1867年7月1日に正式にカナダという国ができて、それを国民全員でお祝いするというものです。

さて、カナダデイでは何が楽しめるのでしょう?気になりますよね!

簡単に言うと、町中がお祭り騒ぎです。道で音楽を演奏している人がいたり、顔にペイントをしている人がいたり、歌っている人たちがいたり。ほぼ全員カナダのTシャツを着て、街に出かけます。

一番大きなイベントは、赤と白のTシャツをみんなで着て大きなカナダの国旗をつくるというイベントです!これ空から見ると、しっかりカナダの国旗になっているのが見えるんです!!自分がこの中の一人だと考えるとなんか感動しちゃいます。

これはぜひ参加してほしいイベントで、その場にいる全員で盛り上がれます!参加する前に、カナダのTシャツを買っておくのを忘れないでくださいね。

ビクトリアデイ 花火

そして忘れちゃいけないのが、イベント最後にある花火!!これもParliament Buildingで行われます。

ビクトリアデイを締めくくる最後のイベント。みんなで芝生に座ってみる花火は、もう言葉にできないくらい最高ですよ。

・食で文化を味わう A taste of Victoria Food tours

A taste of Victoria Food toursの様子

「食に興味がある、食べるのが大好き!!」という人にはこのツアーはピッタリです。このツアーでは、食だけでなく地域の歴史まで説明してもらえます。

パブリックマーケット、港、チャイナタウンなど、トータル2時間ほどで6~8か所を回ります。食べられるものは「パン、ミートボール、ビール、マカロン、チョコレート」など色々で、季節によって変わってきます。

値段は5500円でガイド付きの食べ歩きって感じですね!ビクトリアに住んでいてもなかなか高くて行けない店もツアーに入っているので、私はすごくお得だなって思いました。このツアーなしで自分で回ろうとすると、なんだかんだ5500円以上は余裕で超えてしまいます…

ビクトリアに滞在する時間が取れない人や、なるべくお金をかけないで食文化を楽しみたい人にはすごくおすすめですよ!!

ストリートパフォーマンスも楽しめる?

ストリート パフォーマー

暖かい季節になってくると、ストリートパフォーマーがぞくぞくと増えてきます。アート、音楽、歌、マジックなど本当に様々!

私この季節が大好きで、町中が音楽でにぎわい人々の笑顔であふれるんです。たとえ初めてあった人でも関係なし!会って笑顔を交わせば、どんどん話しかけてきてくれます。

その場でCDや絵が買えたりするので、お土産に買っていくのもあり。中にはその場でしか手に入らないものもあるので、喜ばれること間違いなしですね!!あと、「すごい!」って思ったらぜひチップを渡すのを忘れないでくださいね。

夏の季節はみんなオープン?

暖かい季節になってくると目で見て分かるほど街の雰囲気が一気に変わります。街に住む人がもっとオープンになって、歩いていてもほぼ全員が「ニコっ」てしてくれたり、「いい天気だね」って声をかけてくれたりが普通です。

冬の時は寒すぎてみんな下をむいて歩いている感じでした…聞きたいことがあっても、すこし話しかけづらかったのを覚えています。

とにかく街を歩いていても、バスに乗っていてもみんなすっごく楽しそう!それを見てるだけでなんだかこっちまで笑顔になってしまいます。

観光をする際、絶対に一回は道を聞かなければならない時があると思います。そんな時に冷たい対応をされてしまったら、少し悲しいですよね。

でもこの季節ならほとんどの場合優しく対応してくれますし、時には一緒にあなたが行きたいところまで案内してくれる人もいますよ!

まとめ

カナダビクトリアに来るなら、絶対に夏!(6~9月)
その理由は?
・街がきれいな緑と花であふれる
・楽しいイベントが盛りだくさん
・街が活気あふれる

夏の音楽イベント
ジャズフェスト ビクトリア
Rook The Shores
Rifflandia Music Festival

ビクトリアの自然に触れる
・緑に囲まれた湖でリラックス
Butchart Gardensで色とりどりの花を楽しむ
Parliament Buildingで青空の下、ピクニック!

ビクトリアの文化に触れる
・カナダ/ビクトリアデイ(Canada/Victoria Day)
A Taste Of Victoraに参加して食で文化を味わう

イベントだけでなく、ストリートパフォーマンスも楽しめる!

ビクトリアでは一年を通して本当にたくさんのイベントが開催されますが、大きなイベントのほとんどが春の終わりから夏に集中しています。街や人の雰囲気も、この季節に一気に明るくなります。緑と花であふれる夏のビクトリアをぜひ楽しんできてください!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です