アメリカ英語とイギリス英語は何が違う?2つの違いを分かりやすく解説

スポンサーリンク

アメリカ英語とイギリス英語。
この2つについて聞いたことはありますか?

英語に国の名前がついているから
2つの国で話されているのはなんとなく分かるけど、そもそも違いがあるの?と疑問に思っている方に
今回はアメリカ英語とイギリス英語の違いについて簡単にご説明いたします。

スポンサーリンク

アメリカ英語とは

アメリカで話されている英語のことです。
私たちが普段日本で聞く英語や日本の学校で習う英語はこのアメリカ英語です。
アメリカ英語の特徴として省略して英語を話します。

アメリカにはたくさん移民してきたので
そんな方たちが簡単で使いやすいように変化していったのでしょうね。

イギリス英語とは

イギリスで話されている英語のことです。
もともと英語はイギリスの母国語として産まれた言語で

クイーンズ・イングリッシュと呼ばれるイギリスの貴族が話していた英語です。
貴族が話していた英語なので、とても丁寧な言い回しや正しい文法を使用して話します。

アメリカ英語とイギリス英語の違いを解説

2つの特徴は分かったけど、
世界共通語の英語だから違いが本当にあるのか疑問に思いますよね。

アメリカはもともとイギリスの植民地でした。しかし、アメリカの独立後
2つの言葉はそれぞれの国の特徴を持って様々な違いがうまれたのです。

決定的に違うところがあるので主な4つを紹介致します。

発音

アメリカ英語とイギリス英語の発音の違いで
有名なのは「 t 」と「 r 」です。

 

T

母音にはさまれているtの発音
※waterなど

アメリカ英語ではtを発音しないですが
イギリス英語では比較的はっきりと発音します。

R

子音の前のrの発音
※hereなど

アメリカ英語はrを発音しますが、イギリス英語は発音しません。

 

アメリカ英語とイギリス英語の単語のつづりの違い

アメリカ英語とイギリス英語には
意味が同じなのに単語のつづりが違うものがあります。
例えば、色という意味のカラー
アメリカ英語ではcolor、イギリス英語ではcolourがあります。

この他にも違うスペルがありますので
いくつか表にまとめました。

日本語 アメリカ英語 イギリス英語
お気に入り favorite favourite
中心 center centre
劇場 theater theatre
免許 license licence
タイヤ tire tyer
カタログ catalog catalogue

この他にもたくさんありますが
それぞれの単語の違いに規則性があるものとないものがあります。

アメリカ英語とイギリス英語の意味が同じだけど単語の違いがある

先程意味が同じでもつづりが違う単語を
ご紹介しましたが、今度は
意味が同じだけど単語そのものの違いがあります。

こちらもいくつか表にまとめました。

日本語 アメリカ英語 イギリス英語
消しゴム eraser rubber
タクシー cab taxi
劇場駐車場 parking lot carpark
アパート apartment flat
エレベーター elevator lift
yard garden
郵便 mail post

アメリカ英語とイギリス英語の同じ単語で意味が違う

アメリカ英語とイギリス英語には
同じ単語なのに意味が違うものもあります。

こちらもいくつかご紹介いたします。

単語 アメリカでの意味 イギリスでの意味
dummy 替え玉 おしゃぶり
pants ズボン 下着
subway 地下鉄 地下の歩道
first floor 1階 2階

※イギリス英語では1階のことをgrand floorと言います。

アメリカ英語とイギリス英語について
分かりやすい動画を貼っておきますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

さて今回は

アメリカ英語とイギリス英語の違いを簡単にご紹介いたしました。

私たちの教育ではアメリカ英語でしたのでイギリス英語には馴染みがないですが
違いを楽しみながら学ぶのも面白いですよね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA