アメリカ,カリフォルニア州ロングビーチ旅行でしたい10の事!

スポンサーリンク

アメリカ、カリフォルニア州のロングビーチは、ロサンゼルス郡にある、有名な観光地です!今回は、ロングビーチを観光済み、現地留学生の私がロングビーチに来たら必ずしたい10個のことをまとめてみました!

スポンサーリンク

クイーンメアリー号(The Queen Mary)に泊まる

↑クイーンメアリー号のある客室内の写真

海外の豪華客船に泊まるって夢じゃないですか?ディズニーXDチャンネルで、スウィートライフ観ていた人、タイタニック好きな人なら、絶対に一度は憧れるはず!その体験がこのロングビーチでできちゃいます!

クイーンメアリー号もタイタニック号のように、イギリスの船です。最終的にアメリカのカリフォルニア州ロングビーチに着いたらしいです。タイタニック号の後に作られたので、さらに船は大きいですよ。

クイーンメアリー号は出港しませんが、客室が300室以上あるので、いろんな部屋から選ぶことができます!1月1日や、クリスマスなどイベントの時期は予約がいっぱいなので、早めに予約しましょう!

クイーンメアリー号(The Queen Mary)でホーンテッドツアーに参加する

↑クイーンメアリー号で心霊写真風に撮られた一枚

クイーンメアリー号には沢山の種類のツアーがありますが、中でも興味深いのが、”Haunted Tour” 「ホーンテッドツアー」です!幽霊ツアーですね。

個人で心霊スポットに行くはよく聞きますが、あまり観光地での正式な幽霊ツアーって聞いたことないですよね(笑)アメリカらしいです(笑)

アメリカのタイム紙で、一番呪われてる場所トップ10にクイーンメアリー号がランクインしていると、クイーンメアリー号の公式サイトに書いてあります。

白薔薇姫
とても有名な観光地なのに心霊スポットでもあるって興味深いわ…

エンジンルームにいるエンジニアの幽霊の男性、スイートルームのプールにいる子供たちの亡霊などの幽霊がいるそうです。ハロウィンの時期に行くと、また違った怖そうなツアーもありますよ♪

パシフィック水族館(Aquarium of the Pacific)に行く

 

View this post on Instagram

 

It’s your favorite week of the season, #SeaOtterAwarenessWeek! This week we’ll share fun facts and updates about our four southern sea otters that reside in our Northern Pacific Gallery. Meet Maggie, Chloe, Ollie, and Betty! All of our otters were rescued and deemed non-releasable by U.S. Fish and Wildlife biologists. They determined that these animals would not be able to survive in the wild because they were rescued as abandoned orphan pups at an early age and never learned to forage for food on their own. Thanks to your ticket purchases and donations, our Aquarium is able to provide a home for them. Since coming to the Aquarium, these four have developed their own unique and lovable personalities. Stay tuned this week to learn more! #AOPotters

A post shared by Aquarium of the Pacific🐋 (@aquariumpacific) on

↑パシフィック水族館のアザラシたち♪

ロングビーチのパシフィック水族館はカリフォルニア州で有名な水族館です。外見もおしゃれで、中には等身大の大きなクジラが天井から吊り下げられています。

太平洋に住んでいる海洋生物たちを見ることができたり、水陸両用の鳥みたいな魚や、面白いクラゲなど、日本では見れないものを沢山見ることが出来ます!エイやヒトデ、なまこを触れるコーナーなどもあるので子どもも楽しめます♪

中には、とても大きなスクリーンがある映画館があって、太平洋の海の生物を10分のショートムービーで見ることができます。本当に広くて、スクリーンも巨大でプロジェクトマッピング式なので大迫力ですよ♪

ホッターズ(Hooters)でセクシー美女のウェイトレスを見ながらランチする

 

View this post on Instagram

 

What an ending to The Roval! A WIN for @chaseelliott9 at @charlottemotorspeedway! Way to #Di9! #NASCARPlayoffs #Roval400

A post shared by Hooters (@hooters) on

↑ホッターズで働いてる女性ウェイトレス2人と有名なレーサーのスリーショット

こちらは、パシフィック水族館のすぐ近くにある、アメリカ料理のレストランです!スパイシーチキンウィング(手羽先)やタコス、ハンバーガー、カールフライ、ポテトなどが人気です!

もちろん一番の魅力は、セクシーな美女ウェイトレスがご飯を運んできてくれる事です!男性にとったら夢のようですね(笑)

店内は開放的だし、全くもって入りにくいという雰囲気はないので安心して下さい。家族づれの方や、友達同士、カップルで来る人も多く見受けられるので大丈夫ですよ。日本にはない、アメリカの庶民文化を味わえるのもカリフォルニア旅行の醍醐味ですね!

ショッピングモールで買い物する

 

View this post on Instagram

 

🥵

A post shared by InJune Yeo (@1year_in_june) on

↑パイクアウトレットの正面入り口

パシフィック水族館のすぐ近くに、The Pike Outlets という大きいショッピングモールがあります。大きい道路を挟んで向かいにあるので、連絡通路でショッピングモールに移動することが可能です。

Gap, H&M, Converseなどの有名なブランドの洋服、靴が日本より安く買えます。水族館は広いので、休憩がてらショッピングモールでランチをしたり、スターバックスで休憩したりするのよし、お買い物を楽しむのもオッケーです。

そこまで大きくはないですが、観覧車もあります。近くがすぐ海なので夜にきて夜景を見るのもおすすめですよ。

マリンスポーツを楽しむ

 

View this post on Instagram

 

How are you spending your summer in Long Beach?! 🌊☀️ #VisitLB #Repost⁣ 📸: @longbeachparasail

A post shared by Visit Long Beach (@visitlb) on

↑ロングビーチでパラーセリングをしているカップル

カリフォルニアには比較的に温暖なので、夏以外の春や秋でもマリンスポーツが楽しめます!

マザーズビーチ(Mothers Beach)、ペニンシュラベイサイドビーチ(Peninsula Bayside Beach)、ロングビーチシティービーチ(Long Beach City Beach)などなど、ロングビーチにはたくさんのビーチがあるので、いろんな場所でいろんな海のアクティビティーを楽しめますよ。

カヤーキングサップ海上ジェットスキーなどアメリカのビーチでアクティビティーを楽しんでください♪

ネイプルズ(Naples)でイタリア観光してる気分になる

↑運河から撮ったネイプルズの街並み

ネイプルズ(Naples)はイタリアにインスパイアされた小さい島で、なんと運河があります!運河があるということは、ゴンドラで橋の下を潜ることもできるということです。ヨーロッパ旅行もアメリカで楽しめますね♪

12月のクリスマスの時期には、ボートパレードというパレードがあり、運河にあるヨットやボートがクリスマスライト仕様に綺麗に光るそうです!

白薔薇姫
運河の水面に映るクリスマスイルミネーションなんてすごいロマンチックね。

美術館に行く

 

View this post on Instagram

 

Patrick Dougherty. #outdoorsculpture #longbeachmuseumofart #lbma

A post shared by Edith MonDragon (@missmondragon) on

↑ロングビーチアート美術館の外にあるアート作品

ロングビーチには2個美術館があります。1個目がロングビーチアート美術館で、2個目がラテンアメリカアート美術館です。

ロングビーチアート美術館は、海のそばにあって、巨大なアザラシのアートや、ヤシの実のようなどんぐりのようなアートなど、ロングビーチというイメージにふさわしいアートが展示されています。

2個目のラテンアメリカアート美術館は、南アメリカ、つまりメキシコ、チリ、ブラジルなどに影響を受けたアート作品が展示されています。

カリフォルニア州は、メキシコと隣なので、メキシコや、南アメリカの文化、食文化の影響があります!なので南アメリカからの移民もカリフォルニアには多いですし、メキシコ系、ブラジル系などのレストランも沢山あります。

アメリカラテンアート美術館で、南アメリカの文化に影響されたアートを堪能するのもいいですよね♪

ジョージ
ラテンアメリカ美術館は、毎週日曜日は入館料が無料なのでアートに興味がない人も気軽に行けるね。

ショーラインビレッジ(Shoreline Village)でサンセットを見る&ステーキを食べる

↑カラフルなショーラインビレッジの夜景

ショーラインビレッジは、レインボーハーバーと呼ばれていて、日が沈んだ後の港町の灯りがカラフルなんです。自転車をレンタルして街を一周したり、ボートにも乗ることができます。

また、ショーラインビレッジには有名なステーキハウス、Quickview Steakhouse があります。高級レストランなので、天井が高くて、内装がとてもおしゃれです。

しかもクイーンメアリー号を窓から観ることができます。サンセット、クイーンメアリー号を見ながら素敵なディナーはどうですか?

CSU Long Beachに行く

↑カリフォルニア州立大学ロングビーチ校にある大学”GO BEACH” 「行けビーチ(ここでのビーチは大学名から取った生徒の総称名)」

アメリカの観光に欠かせないのは、地元の大学観光です!ロングビーチにはカリフォルニア州立大学ロングビーチ校があります。英語だとCalifornia State University of Long Beach なので略してCUS Long Beach なんですよ。

アメリカでは大学のロゴ入りスウェットシャツやパーカー、キャップが大人気で、生徒だけでなく、周りに住んでる人、観光客も大学に来たら記念に買う人が多いです!

ビーチに近いということもあり、開放的でおしゃれな大学です。校内に、日本庭園もあるのでおすすめです!観光だからといって、建物に入るのを恐れず、図書館やカフェテリア、いろんなところに足を運んでみてください!アメリカの大学の雰囲気を知れますよ♪

「アメリカ,カリフォルニア州ロングビーチ旅行でしたい10の事!」のまとめ

いかがだったでしょうか?ロングビーチはサンタモニカなどの他のビーチがある町と違って、より開放的だけど高級感もあり、おしゃれなところという事がわかっていただけたでしょうか?

ロングビーチに行くならするべき事をまとめると、

  1. クイーンメアリー号に泊まる
  2. クイーンメアリー号のホーンテッドツアーに参加する
  3. パシフィック水族館に行く
  4. ホッターズでセクシー美女にご飯を運んでもらう
  5. ショッピングモールで買い物する
  6. いろんなビーチでマリンスポーツを楽しむ
  7. ネイプルズでイタリア旅行気分を味わう
  8. 美術館に行く
  9. ショーラインビレッジでサンセットを見る&ステーキを食べる
  10. カリフォルニア州立大学ロングビーチ校を観光する

となります!

↓のYouTubeでは、ロサンゼルスからのロングビーチへの行き方、ロングビーチでおすすめのレストランやバーを紹介しているのでよかったらご覧ください。

ロングビーチの魅力が伝わったら幸いです。カリフォルニアに旅行を考え中ならば、ぜひロングビーチに足を運んでみてください♪

他にもカリフォルニアやアメリカについての記事があるのでよかったらご覧ください!

↓ロサンゼルスのおすすめグルメと食べ物を紹介しています↓

アメリカ旅行カリフォルニア州ロサンゼルスおすすめグルメ&タピオカ!

↓アメリカ旅行前に現地で使える英会話表現を紹介しています↓

英語で○○はなんて言う?アメリカ人がよく使う日常英会話表現10選!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA